邯鄲男

邯鄲男
邯鄲男
邯鄲男
主人公が邯鄲の里で、宿の主人に邯鄲の枕を借りて眠りにつきます。すると勅使が王位につくようにと迎えにくる夢を見ます。天にも昇る心地になります。この夢は宿の主人が粟飯を炊くわずかな間の夢にすぎませんでした。主人公は人生とは何事もはかない一炊の夢であると悟り、国に帰ります。
『邯鄲』