帯留

帯留 増女 大きさは普通の能面の22%です。 縦4.8㎝ 幅3.1㎝ 厚1.8㎝ 材料には香木の白檀を使いました。帯締めを通して帯留めと使います。 また組紐を交差して通せばループタイとして使えます
帯留 増女 裏 アーチ型にくり貫き
帯留 増女 左横 帯留 増女 右横
帯留 雷 細かい彫りは少し省略しましたが大きい能面とそうは変わらない彫りが出来ました。 材料  白檀 大きさ 縦 5.5センチ 幅 4.2センチ 厚 2.6センチ
裏を帯締めが通るように5分の幅でアーチ型にくり貫いています。
組紐を通せばループタイとしても使えます。
帯留め 雷 雷 右横
帯留め 雷 完成 雷 右横
帯留め 雷 500円との比較 帯留め 雷 裏
帯留め 雷 500円との比較 帯留め 雷 裏
帯留 般若 彩色が済み完成しました。 大きさは縦5.6センチ 幅4.1センチ 厚2.6センチ 帯締めを通し帯留めに使う。または組紐を通しループタイとして使う
帯留め 般若 正面 帯留め 般若 右
帯留 般若の行程  香木・白檀を使い 帯留め般若を製作する。小さいため集中力が必要です。
輪郭 アーチ状
縮小した木取りをする 角が作業中におれる心配があり
裏を先に作る
縦型 小作り1
頭からあごにかけて凹凸をとる 額から目にかけて彫り出す
口を彫る 角を彫る
口を彫る 角を彫る
両方の角が出て完成 物差しとの比較
両方の角が出て完成 彫りの完成