能面師倉林朗能面展示室へようこそ!





小面小面


能面は日本の伝統芸能『能』に使われます。能を演ずるのに能面は欠かせません。能の物語のシテやツレなどの心情の変化や風貌を、能舞台で能面を使って効果的に出すために、能面師(面打ち師)が精魂を傾けて面打ちをしてきた歴史があります。創作期から完成期、そして現在、模写の時代です。

能の歩みと能面の歴史を能と能面の説明のページで紹介


能面師倉林朗が昭和から平成の名工 能面師(故)長澤氏春氏(無形文化財技術保持者)にご指導を受けて、一生懸命面打ちに打ち込んできました。
このサイトは能面師倉林朗が能面作品や能面教室の情報を紹介するために自らが運営しています。主観的なページや至らないページがあると思いますがご了承ください。

能面を打つという事 私の面打ちの人生で感じたことを主観ではありますが能面についてのページで述べています

私の打った能面72点ほどを写真ギャラリー(能面展示室)として紹介しています。

小面と翁で能面の打ち方を解説しています。

能面を小さく制作した能面の帯留の紹介

私が主宰する能面教室の情報 高田馬場能面教室 石岡能面教室

能面教室の受講生の能面作品

能面倉林会の能面展の情報を紹介・過去の能面展 平成24年 平成25年

私の著書「小面を打つ」「般若面を打つ」で能面の打ち方を詳しく解説した本の紹介をしています。

私が能面を打ち始めた経緯を面を打ち始めるのページで紹介

私の経歴をProfileでご覧いただけます。

私の能面作品を販売しています。能面の購入を検討されている方は能面販売ページをご覧ください

銀座 福和さんで私の能面をご覧いただけます。また購入も可能です。