小面を打つ-輪郭

型紙

面打ちには型紙を使います。輪郭、縦型、額、鼻、口上 下口の輪郭 髪型、目型

型紙をのせる

桧材に鉋をかけ、輪郭の型紙を写します。 輪郭から、多くはみ出しているところは鋸で落とします

輪郭

横と縦の中心線をしっかりとかく

余分な部分をとる

あらかじめ余分なところを鉈でとる

輪郭を平面に直角にとる

四隅を鋸でとる

余分な部分をとった後

突きノミの作業で邪魔になる部分を鋸や突きノミでとる

輪郭を平面に直角にとる

スコヤでしっかり直角を確認する

輪郭の完成

突きのみで輪郭をしっかり出します。 平らに鉋をかけた面に直角にだします

粗彫りに使う突きのみ

突きノミは非常に重宝する刀です

行程で使う主な道具、カンナ、ノコギリ、曲尺、ナタ、突きノミ、作業台、コンパス(15㎝ぐらい) スコヤ 木槌

小面を打つ-ソリ縦型