翁を打つ-彩色へ





翁を打つ-彩色へ
面裏を綺麗に彫り漆を施します。
漆塗り立て漆に曇りを出す
漆を5回程度塗る
凄く綺麗に光ります。
少しくもらす工夫をして 光のあるところとないところを出す。
これで同じ黒でも味わいがでます。
下塗りをしていきます。
胡粉と膠 乳鉢、筆を用意する。 膠を200ccの水で溶かす
膠を溶かすときの注意点は沸騰させない。 膠は気温に敏感ですから、 気温と膠の状態の関係を経験で習得する。
下塗り
膠を入れる膠をよく混ぜる
膠を溶かし、胡粉に混ぜます。良く混ざるようにかき回します。
下塗り下塗り
胡粉が木に馴染むように丁寧に塗り込みます。 胡粉の厚さが十分に出来たら下塗りは終わりです。下塗りの終わり
刷毛跡や塗りむらを取るようにサウンドペーパーで磨きます。
磨きサウンドペーパーで磨く
丁寧に磨く磨きの完成
行程で使う主な道具、生反り、曲丸刀、8分、6分、4分、2分、丸刀4ぶ、2分、漆、漆刷毛、胡粉、膠、乳鉢、乳棒、ミルク鍋、サンドペーパー120番、150番 180番