万媚

万媚
万媚2
万媚3
小面の仲間に入ります。少しの形の違いで雰囲気の違う小面があります。越前出目家三代目、古源助が考案した面で、小面と比べると、頬がプックリしていて、目が大きく切れ長、口に色気を感じさせる派手さがあります。髪の毛の書き方が小面は乱れのない三本で書かれているのに対して乱れ毛を持つ三本で書かれています。小面に濃艶さを盛り込み少し派手にした感じです。