孫次郎

孫次郎 正面
孫次郎 左
孫次郎 右

金剛孫次郎が妻を亡くして、その妻を思い慕って、彫り上げた面と言われていて、その面の裏にはオモカゲと名付けられて記されている。一般的に作者の名前をとって孫次郎と言うことが多い。小面よりも大人びた表情で顔の作りは人間の顔の配置に近い感じがする。『熊野』『松風』などに使用します。