舌出慈童

舌出慈童 正面
舌出慈童 正面
舌出慈童 左
舌出慈童 左
舌出慈童 右
舌出慈童 右

この作は洞水作の面を写した面です。いくらか茶目っ気できかん気なところ有り、 それを慈、可愛いという意味に当てたものでしょう。『小鍛冶』『枕慈童』