朝倉尉

朝倉尉
朝倉尉1
朝倉尉2
室町時代は能面の創作期で、越前の面打師福来が創作して、領主朝倉候に献上したことから付けられた名前です。小牛尉は高砂などに登場する神の化身の面で品格が最も高いが、この面は武将や農民・漁師などの庶民的な相貌で品格にやや欠けて、親近感を感じる面です。『八島』