十六

十六
十六
十六
鎌倉時代初期、平家と源氏の戦い中、一ノ谷の合戦で熊谷次郎直実に戦いを挑み、潔く討ち取られた十六歳の紅顔の美少年 平敦盛の面です。