おおべしみ

大べし見
大べし見 左
大べし見 右

この作は徳若作を写した面です。鼻の高い赤ら顔の天狗という皆さんご存じだと思います。能での天狗の面がこの大べし見です。べしみとは口をへしむからきていて、口を真一文字に力強く結んでいます。目を見開き口には力を込めて、全てのものを力でねじ伏せようとする滑稽さが有ります。『善界』『鞍馬天狗』『車増』『大会』