黒式尉

黒式尉
黒式尉 左
黒式尉 右
三番目に登場することから別名、三番叟といいます。猿楽時代から神聖な祝い事に使われていて、日本で最初に創作された面といっても良いでしょう。柔和な目と丸い皺、切り顎が白式尉と同じ様式になっていますが、少し小さく黒く彩色されています。天下泰平、国土安泰、五穀豊穣の祈祷などに使われるのに最も適している神の面です。